やまゆき

2018年03月

土曜日Hieiに乗車するため
ちょい走ったのが脚に来てる⁇
なんだか重い~感覚
やっぱり毎週乗るようにして身体が動くようにしないと
P1530005
MTB DAY 
あちこちでRiderに出遭います


P1530007
気持ち良さげです
ここへ鉄粉で来るのは二度目?かな


P1530016
RD調整不足
内側へチェーン落ちを何度も喰らいます
取付ボルトの緩みだけでないようです
XT RDはレンチ調整なんですね
+ドライバーでないのを知りました(汗

P1530018
鉄同志
マツダ車両
この道
十数年前逆方向から探検で来ていますね



P1530020
春霞⁇ ひのき花粉
天気は良いけど霞んでいます

P1530021
朝堀たけのこ
期待してた大きさでなく
小物ばかり  まだこれからです

IMG_20180324_174413

早速乗る機会に恵まれ
乗車

1時間に一本なので
時間調整で駆け足して筋肉痛

SundayRide



IMG_1020

クリップボード1

日曜、床屋の後は、1ヶ月以上ぶりなRide
身体が重くて登りもダメダメ

少しづつ戻せていければなぁと


昔からの近場のルート選択

まだお山はWetな感じ
やっぱり足を伸ばして県境が良かったかな?なんて思いながら
走ると、ショップツーな皆さんと遭遇

皆さん冬場も走られてる方ばかりなので
身体は仕上がっています

近況と次回Rideなどの話をして
なぜか、一緒に撮影に入らせて頂きました 感謝


その後、別れて、
慣れ親しんだ土管コースへ
こちらのコース 半年ぶり位?
何だかきな臭い感
様子見ですね
トレランやMTBを
快く思わない人もいることを...








IMG_1339

R162  名田庄周辺で6000㎞  約4か月でだから月1500㎞ペース
これから良い季節だから伸びるかな⁇

燃費はドライブとなると伸びるけど
もう一声かな





期間限定蕎麦を食べる予定が
すでに期間終了 orz

IMG_1315
車で敦賀へ移動
海鮮でも考えてたけど
敦賀にもありました...「ヨーロッパ軒」
久しぶりに行きました


IMG_20180316_124456
ミニで良かったと後悔...
普通で800円、ミニが500円
カツの枚数が2枚か3枚かの違いですね

正直味が大味で飽きて来ます

蕎麦からのカツ丼は厳しい~

思い出したように剣尾山へ
かれこれ4回目?くらい
周回コースは2度目らしいけど
記憶が無い...

土曜だけど空いていますね

IMG_1423
山頂までは行者山ということで楽しく登れます
ゆっくりで2時間程度
先週の金剛山より早い



IMG_1370
切り立つ岩岩
迫力あります


IMG_1399
春陽射しの中気持ち良いトレイルを歩きます
風が冷たいんで 上着はソフトシェル
先週と同じスタイル

汗をかいても外へ出してくれるんで
汗冷えは無さそうです


IMG_1409
行者の方が祈祷するんでしょうか?
あちこちにお地蔵さんがあります


IMG_1427
久しぶりに山ラーです
金剛山は0度と寒かったんで
今回は暖を取る意味で持参

やっぱサイコーです

~~~~~~~~~~~~~~

ジオグラのログ取りテストも兼ねていましたが
挙動が不安定過ぎでログ取れずです
先月のルスツスキーは大丈夫でしたから
先日
HIAWEIのEMUIがアップロードされたことで
ますますバッテリ-保護が強化されたんではと??


困ったもんです...
LINEとか以上に便利アプリですから
機種変するのが賢明かもしれません...

Androidでログが途中で切れる場合は下記内容を確認してください。

・スマホ本体の位置情報サービスの設定を高精度にしてください
現在地座標の精度が悪いとログは記録しません。
本体のGPS自体が故障すると精度が上がらなくなるため記録されなくなります。
本体の故障はメーカーにお問い合わせください。


・ジオグラフィカの設定の『DOZEモード無効』をオンにする
Android6.0以上でログが止まりがちな場合は
DOZEモードを無効にする設
定をオンにしてください。
休憩後にログが止まる現象を回避できます。

・Android7以上の場合
画面下部の□ボタンを押すと動作しているアプリの一覧が出ます。
タイトルの右に南京錠のマークがあるので、それをタップしてロック状態にしてください。
これでバックグラウンドでの動作が改善されるようです。
南京錠マークがない場合はこの機能はありません。

・本体の省エネモード
スタミナモードとか超省電力モード、バッテリーセイバーなどの名前で
一時的に省エネにするモードがあ
ります。
名前や機能は機種ごとにちがいます。
それらをオンにすると、
バックグラウンドでの座標更新が停止してしまう機種があります。

手持ちの機種では、XPERIA Z5 Compact、nexus5、ASUS
MemoPadが該当します。本体設定の省エネモードは
ログ記録中は使わないほうがよいでしょ
う。

・機種固有の省エネ設定
例えばHUAWEIのスマホは本体設定の『電池』→『画面ロック時にアプリを閉じる』
アプリごとにバックグラウンド動作を制御できますが、これが『
閉じる』になっていると、
ほとんどログが記録されません。
画面ロック時やアプリがバックグラウンドに回ったところで
強制終
了させられます。

他にもHUAWEIのスマホは本体設定の『電池』→『右上の歯車』
→『極端に消費電力が高いアプリを閉じる』

オンだと、
長時間ログを取っているとアプリが落とされる可能性があります。

こういった機種固有の省エネ設定はこちらではカバーしきれませんので、ログが飛ぶようなら、
自分で調べて怪しい設定をオフにしてください。

富士通やソニーなどのスマホに比べてもHUAWEIのスマホは省エネ設定がややこしく、
しかも強力です。


あとASUSもややこしいです。自動起動マネージャとかややこしい仕組みがあります。

・スマホ最適化アプリ
スマホ最適化アプリもログが飛ぶ原因になります。バックグラウンドで動いているアプリを
強制終了するような最適化
アプリを使っている場合は、ジオグラフィカを除外してください。

ジオグラフィカのロガープログラムは『サービス』という、ちょっと変わった状態で動いているため、
普通のアプリより打たれ強くなっています。それでも強制終了させられる事はあると思いますので、
そうなったら対策してください。

・GPSサービス自体が止まる機種がある
原因はよくわかりませんが、XPERIAはたまにGPSサービス自体が止まってしまい、
現在地が更新されなくなることがあります(システム全体で更新されなくなります)。
そんな時は位置情報サービスをオフにしてから再度オンにすると直ります。
それで直らなくても再起動すれば直ります。


・GPSの座標精度が低いと飛びます
スマホ本体のGPS性能が低く、座標精度が一定以上に悪い場合はログに記録しないようになっています。
屋内やトンネル内ではほとんど記録されません。
スマホの性能が悪い場合も記録されません。
いい機種を選んでください。

・ログを取っていない場合の注意
ログを取っていない場合は、、ジオグラフィカの画面を開いてから現在地が確定するまで少し時間が掛かります。
スリープ中にGPSを止めるので再測位に時間がかかります。
30秒ほど待っていれば現在地が出るのでしばらく待ってください
ログを取っている場合はGPSを動かしっぱなしになるので、
画面を開けばすぐ現在地を表示します。

■まとめ
Androidにおいてログが飛ぶのは、スマホの省エネ設定によるところが大きいです。
あとは本体の設定や最適化アプリなど様々な理由があります。

当方のテスト機、GalaxyS8+、nexus5、arrowsM03、AscendG6、XPERIA Z5
Compactなどではきちんとログを記録できることを確認しています。HIAWEIはたまに飛びますが、
現在地測位は出来ます。記録音で動作を確認しながら使ってください。

飛ぶとしたらなにか本体の設定などが原因です(アプリのバグでログが飛ぶことはありません)。
設定を確認してください。

なお、トラックログを記録する時に音が鳴るのは『ちゃんと記録していることを音で確認するため』です。
音が鳴っていなかったら記録が出来ていないので画面を開いて確認してください。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ